海外ドラマ

海外ドラマ「The Musketeers/マスケティアーズ 三銃士 シーズン2」第九話『The Accused/王妃の危機』のあらすじと感想

更新日:

海外ドラマ「The Musketeers/マスケティアーズ 三銃士 シーズン2」第九話『The Accused/王妃の危機』を見ての評価と感想を書いています。

日本では2016年の4月から「マスケティアーズ パリの四銃士」というタイトルでNHKで放送されています。

ちなみに私が見ているのもNHKで放送されているものです。

マスケティアーズ パリの四銃士では1話~10話までがSeason1で11話~20話までがSeason2となっています。

第九話の日本語でのタイトルは「王妃の危機」となっていますが、NHK版では「愛と憎しみの炎」となっています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season2 登場人物/キャスト

ダルタニアン → ルーク・パスカリーノ
アトス → トム・バーク
アラミス → サンティアゴ・カブレラ
ポルトス → ハワード・チャールズ
トレヴィル → ヒューゴ・スピアー
ミレディ → メイミー・マッコイ
コンスタンス → タムラ・カリ
ルイ13世 → ライアン・ゲイジ
アンヌ王妃 → アレクサンドラ・ダウリング
ロシュフォール伯爵 → マーク・ウォーレン

 

第九話/エピソード9のあらすじ

王妃を襲い逆上したロシュフォールは、王妃がスペイン王に書いた手紙をルイ王に見せて反逆罪の容疑をかける。しかし王はロシュフォールを信じてしまう。更に王太子まで王妃から遠ざけてしまう。銃士隊は命をかけて王妃を守ることを決める。(NHK Onlineより引用)

 

The Musketeers/マスケティアーズ 三銃士 Season2動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason2の第九話『The Accused/王妃の危機』のネタばれになりますので注意してください。

王妃に拒絶されたことでいよいよ権力を手中に収めようと動き出したロシュフォール。

刺された目は回復の見込みはなく眼帯姿となってしまう。

tumblr_nmwtmopllx1sljt28o1_1280

コンスタンスはすぐに王妃のことを銃士隊に知らせに向かった。

王妃の元へやってきた銃士隊は王の居室へと向かう王妃を警護することに。

queen

だが王の元へはすでにロシュフォールがきており、王はかつて王妃がスペインへ向けて書いた書状をもっていた。

王妃は王が行方不明になり精子がわからなかった時に王太子のために書いたと弁明するも聞いてもらえない。

コンスタンスはその書状はロシュフォールの指示で王妃が書いたと話すがそれも無視されてしまう。

追い返された王妃を守る銃士隊は親衛隊と乱闘状態になるが、銃士隊が引き下がる形で幕を閉じる。

更に王太子はロシュフォールの命令で王妃から引き離されてしまう。

snapshot-1-22-03-2015-8-54-p-m

その後ロシュフォールの元へミレディがやってきて王妃とアラミスのことを報告するが証拠は何もないと言われてしまう。

ロシュフォールは調べが甘いからだと言い、眼帯のことをネタにしようとしたミレディの首を絞めて許しを乞えと怒りをあらわにする。

そんなロシュフォールにミレディは本当に首を絞めたいのは別の人間なのだろうと本心を見透かされてしまう。

一方、隊舎に戻ったアラミスは王妃との関係を皆に話した。

それを聞いたダルタニアンとトレヴィルはあきれるばかりで、ポルトスはアラミスの胸倉につかみかかるがアラミスが本気であると見抜きそっと抱き締めた。

話が終わった後、ポルトスはアラミスに「本当に愛しているのならそれを示す方法は一つ。すべてなかったことにしろ。あの子は陛下の息子。それは何があろうとも変えてはならん」と語った。

王宮では怒りが収まった国王が王妃を許そうと思うとロシュフォールに話していたが、反逆罪で処罰すべきだと主張される。

8177654-high_res-the-musketeers

だが今回は国王も引き下がらず王妃は後々許すことに。

その後国王が頭が痛いと訴えたためルメー医師が呼ばれ薬が処方された。

だがロシュフォールがマルグリットに指示しルメー医師の持ってきた薬を毒薬とすり替えてしまう。

トレヴィルは現状を打開するま手にどうしようかとアトスに相談していた。

するとアトスは一つ手立てがあると言い、先日ロシュフォールの失脚につながる情報を買ってと言ってきたミレディと再度会うことに。

アトス達はミレディにアラミスと王妃のことがロシュフォールにばれてしまい非常にまずい状況になっていると教えると、その情報はつかんでいなかったミレディは本当だったんだと嬉しそうに話した。

トレヴィルはミレディに言い値の金を支払うと約束するが、ミレディ自身もロシュフォールには辛酸をなめさせられているため情報を教えてくれた。

ロシュフォールはスペインのスパイであり雇い主はマドリードにいるバルガスであることを知った銃士隊。

そうなると王妃の身が危ないと悟った銃士隊は王宮から王妃を連れ出すことに。

ミレディの手引きで王宮に侵入した銃士隊は見張りの親衛隊を倒しながら王妃の居室へ。

王妃はコンスタンスと一緒にいたが、王妃を連れ出そうとすると王太子が心配だと言われコンスタンスだけ王宮に残ってしまうことに。

王妃とコンスタンスはマルグリットもいるから安心だと思っていたが、そのマルグリットも今やロシュフォールの手先であることは誰も知らない。

そのころ、ミレディの後をつけていたカトリーヌ。

アトスの居城から消えて以来、ミレディを殺すために躍起になって探していたのだろう。

ついに居場所を突き止めたカトリーヌはミレディに接触し、ミレディを殺すために絞首台を用意していた。

the-accused-the-musketeers-mini-review-and-recap-52791-3-34463

ミレディはこの期に及んでもトマスを殺したのは自分に乱暴しようとしたからだと非を認めようとしなかった。

カトリーヌが縄を機美にかけて殺そうとしたその時、アトスがやってきてミレディを助けた。

アトスはミレディは大事な任務で動いているといい、もう復讐は諦めろとカトリーヌを諭した。

その後、アトスとミレディはロシュフォールの失脚につながら情報を求めてロシュフォールの部屋を探していた。

ミレディは大事な書類が入っている箱を開けるが、その中には決定的なものは入っていなかった。

するとそこへロシュフォールがやってきてしまう。

ミレディは枢機卿が用意していた隠し扉をつかいそこへアトスと一緒に隠れた。

16764841001_4119148418001_4119089038001_1920x1080_537834563775

火は消したものの煙が残ってしまいロシュフォールは部屋の仲を探し始める。

するとここでマルグリットの叫び声が聞こえロシュフォールは部屋を後にする。

隠し扉から出てきたアトスとミレディは熱いキスを交わし、アトスはロシュフォールの印章と手紙を盗み出しその場を後にした。

マルグリットの叫び声は国王が毒入りのワインを飲んだことによるものだった。

幸いにも国王は死ななかったが、今回の事件は医師のルメーとその助手であるコンスタンスが首謀者であるとされ2人は逮捕されてしまう。

the-accused-the-musketeers-mini-review-and-recap-52791-5-34463

一方、王妃を王宮から連れ出した銃士隊は王妃をかくまうため以前訪れた修道院を訪ねた。

シスターは快く王妃をかくまってくれたのだが、その後国王が毒を盛られたとの知らせを受ける。

国王の生死がわからないため王妃は王宮に戻ると言ったが、さすがにそれは危ないと銃士隊が止める。

ただダルタニアンだけは王宮に戻りたいと言ったが、ポルトスにコンスタンスが心配なだけだろうと言われてしまい、コンスタンスは勇敢に一人残っていると激怒してしまう。

結局意見はまとまらず王妃は国王が危ないなら王妃として職を全うすると言い、王宮へ戻ることに。

8177786-high-_full

ただこのままではロシュフォールに反撃のチャンスがないため、アトスは持ち帰った印章を使ってバルガスをおびき寄せる作戦を提案する。

しかしこの作戦を決行するにはロシュフォールの筆跡をそっくりに真似る必要があるが銃士隊にはそのようなことできない。

するとシスターが昔聖書の書き写しなどを行っていたため筆跡をまねるのは得意だと名乗り出たため、手紙はシスターに書いてもらうことに。

ポルトスはその手紙を持って一人でスペインへと向かった。

残ったアトス達は王妃を王宮へと連れて行くことに。

そのころ王宮ではロシュフォールが強引な手口で、ルメー医師とコンスタンスの刑を確定させ、コンスタンスの目の前でルメー医師を処刑してしまう。

そしてコンスタンスに助かりたければ王妃とアラミスの関係を証言しろと言われ再び牢屋に戻される。

パリに戻ってきた王妃はマルグリットに手紙を出し内部へ潜入するために手引きしてもらうことに。

だがマルグリットはロシュフォールの手中にあるため、王宮に入った王妃と銃士隊は親衛隊に囲まれてしまう。

ロシュフォールは王妃に国王暗殺の容疑がかかっているといい、共謀者であるルメーは処刑されコンスタンスも明日処刑されると脅しをかけてくる。

王妃は何も証拠はないと強気な態度を見せると、ロシュフォールはアラミスとのことを持ち出し、アラミスはマルグリットとも関係を持っていたと暴露してしまう。

ロシュフォールはアラミスとの関係は国王に報告させてもらうと言い、アラミスに王妃を寝とってただで済むと思うなと言いアラミスは逮捕されてしまう。

1

ダルタニアンは牢屋の中にいるコンスタンスに必ず助けると約束し、コンスタンスも愛していると叫ぶが、ダルタニアンは親衛隊にぼこぼこにされ王宮の外へ連れ出されてしまうのだった。

dartagnan

-------------------------------------------------------------------------------------------

王妃はアラミスとの関係を国王に報告され、コンスタンスは明日にも処刑。

アラミスも捕まってしまい残る希望はポルトスのみ。

いよいよクライマックスって感じですね。

ロシュフォールは国王に毒を盛ったりと行動がかなり過激になってきましたね。

ロシュフォールの当初の目的ってパリの王宮で要職について権力を手にするって感じじゃなかったですかね?

王妃への気持ちを爆発させて、更に完全に拒否されてしまったことでたがが外れてしまったご様子w

ルメー医師はかなりかわいそうな感じでした。

次回はシーズン2の最終話。

どんな終わりを迎えるのか非常に楽しみです。

以上がSeason2の第九話『The Accused/王妃の危機』のあらすじと感想のレビューでした。

-海外ドラマ
-,

Copyright© おすすめの洋画が一目でわかる名作視聴レビュー , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.