海外ドラマ「ARROW/アロー Season5」第十話『Who Are You?/ブラックサイレン』を見ての評価と感想を書いています。

あらすじやネタばれもあるので下にスクロールする場合は注意してください。

Season5 登場人物/キャスト

オリバー・クイーン/アロー → スティーヴン・アメル
ダイナ・”ローレル”・ランス/ブラックキャナリー → ケイティ・キャシディ
テア・クイーン/スピーディ → ウィラ・ホランド
ジョン・ディグル → デヴィッド・ラムゼイ
クエンティン・ランス → ポール・ブラックソーン
フェリシティ・スモーク → エミリー・ベット・リカーズ
カーティス・ホルト → エコー・ケラム
レネ・ラミレス/ワイルド・ドッグ → リック・ゴンザレス
イブリン・シャープ → マディソン・マクラフリン
ローリー・リーガン/ラグマン → ジョー・ディニコル

 

第十話/エピソード10のあらすじ

オリバーは、プロメテウスが正しく、自分は実は殺人鬼なのではないかと悩む。そんなオリバーには、奇跡的にローレルが帰ってきたことが、探し求めていた一筋の希望に思えた。だがフェリシティは、マローン刑事が殺害されたことにショックを受け、復讐することしか頭にない。彼女は、どんな犠牲を払ってでもプロメテウスを倒そうと、そのチャンスを狙っている。一方ディグルは、刑務所で生き残るために懸命に闘う。(ワーナー公式サイトより引用)

 

ARROW/アロー Season5動画(これからみようと思っている方に)

以下からはSeason5の第十話『Who Are You?/ブラックサイレン』のネタばれになりますので注意してください。

オリバーがアジトに戻るとそこには死んだはずのローレルの姿が。

オリバーがどうやって生き返ったのかと尋ねると死んだ直後にサラとレジェンドがやってきてウェーブライダーで治療してくれて助かったのだと話す。

そこへフェリシティもやってきてローレルが生きていたことに喜ぶが、フェリシティは何か違和感を感じていた。

フェリシティはアジトに来た用件を思い出し、オリバーにディグルが逮捕されてしまったと話す。

オリバーは急いで刑務所へ行きディグルはそこで自分をはめたウォーカー中将と真正面から戦う決意を示す。

ディグルはそのためには優秀な弁護士が必要だといい、オリバーは一人心当たりがあると答える。

フェリシティはローレルが帰ってきたことを喜び、マローンが死んだ悲しみが癒えない中パーティーを開くことに。

レネとローリーとカーティスも参加しローレルの復帰を祝うパーティーが開かれるが、フェリシティは相変わらず疑いの目を向けており、更にカーティスはポールが出ていったことにショックを受けていた。

パーティーが終わるとフェリシティはアジトへ行きDNA鑑定を行っていた。

そこへローリーがやってきてフェリシティになにをやっているのかを尋ねる。

フェリシティはごまかそうとするがローリーはDNA鑑定を行っていることぐらいはわかり、ローレルが口をつけたコップから採取したDNAを調べていたのだという。

余談だがローリーは身にまとっている布の影響からか夜に睡眠を取らなくてもよくなったのだという。

DNAはローレルの物と一致するがそれでもまだ信用しないフェリシティにローリーは邪悪な双子でもいるのかと冗談で話すとフェリシティはそれだとあることを思い出す。

実はセントラルシティにはアース2からきたローレルのドッペルゲンガーが捕まっていたのである。

そこへローレルが現れフェリシティとローリーに攻撃を加えそのまま姿を消してしまった。

その後フェリシティがスターラボの映像を確認するとプロメテウスがローレルを解放していたことが分かる。

プロメテウスの元へ戻ったローレルだったが、プロメテウスは命令通りに動けといいローレルを脅すのだった。

一方、オリバーはディグルを救うための弁護士として地方検事であるチェイスに仕事を依頼していた。

オリバーは軍にはめられたディグルを救うには軍と何の関係もない弁護士をたてる必要があると考えたからである。

チェイスは仕事の依頼を受けるとマローン刑事が殺されていた様子をオリバーに話し、グリーンアローがプロメテウスにはめられた可能性があることを明かした。

その後ローレルからオリバーに電話が入り、自分はプロメテウスに脅されているだけであるため助けてほしいといわれる。

ローレルはブラックキャナリーの像があるとこにオリバーを呼び出し、オリバーはチームを率いてローレルを待った。

オリバーは決して手を出すなとチームに指示していたが、フェリシティはローレルの狙いはオリバーをだますことだと思っており、オリバーには聞こえない回線を使って自分の指示でローレルに攻撃するように伝えた。

ローレルがやってくるとオリバーは必死に説得しようとするがローレルがなにかを取りだそうとしたところでフェリシティが攻撃の合図を出してしまい説得は失敗に終わる。

ローレルの攻撃によってブラックキャナリーの像も破壊されてしまうがなんとか捕らえることには成功した。

アジトに戻ったオリバーは勝手に攻撃したチームに怒号を浴びせるが、それはフェリシティの指示だったと聞かされ、あくまでプロメテウスの部下として動いていると主張するフェリシティの意見と対立してしまう。

オリバーはメタ・ヒューマンの能力抑制装置がついた檻に入れられたローレルと話をし、少しでも昔の自分が残っているなら戻ってきてほしいと話した。

そのころアジトから帰ろうとするカーティスのもとにレネがやってきて話を聞くが、カーティスは血と汗を流しながら必死に戦ってきたがすべてを失ったと口にする。

一人になったフェリシティはローレルに水を持ってきて与え、オリバーはローレルの死に対して責任を感じており罪を償いたいと思っている話す。

するとここで突然停電になり能力抑制装置が切れてしまいローレルが檻から逃げてしまう。

オリバーがなぜこのようなことになったのかと尋ねるとフェリシティは停電はわざと起こしたもので、ローレルには追跡用ナノロボットを仕込んだため居場所は特定できると話す。

オリバーは人払いをしてなぜそんなことをしたのかと聞いて残っていた映像からフェリティの思いを知る。

この時、カーティスは自分に何ができるのかを考えメタ・ヒューマンの能力抑制装置を持ち運びできるものが作れないかを思案していた。

それを見たレネはできないことで悩むよりもできることをやればいいと励ました。

一方、オリバーから依頼されたチェイスはディグルと面会し、敵は陸軍のウォーカー中将でその背後には大統領がいると聞かされる。

ウォーカー中将はすぐにでもディグルの身柄を移送したいといい出し、チェイスは時間を稼ぐために必要書類をそろえるように伝えた。

だがそれらは一時しのぎにしかならずディグルはウォーカー中将によって移送されることになる。

ディグルはチェイスに移送が始まれば自分は生きて帰ることができないといい、チェイスは突然自分を殴れとディグルに要求した。

訳のわからないディグルだったが言うとおりにチェイスを殴ると、チェイスは別の事案が発生した場合はそちらに権限が移ることを利用してディグルの移送を止めたのである。

ウォーカー中将は次は大統領の署名を持ってくるといいその場は引き下がった。

そのころ、フェリシティの仕込んだナノロボットによりローレルの居場所がわかりオリバーはすぐにチームを引き連れてその場所へと向かった。

フェリシティも同行し、車の中でカーティスと共に能力抑制装置の仕上げを行っていた。

ローレルがいる場所には思った通りプロメテウスもきており、プロメテウスはローリーを排除した後オリバーと一騎打ちになる。

カーティスとフェリシティは遅れて参戦するがそこへローレルがやってきて攻撃を受ける。

ローレルはフェリシティを殺そうとし、プロメテウスはその様子をオリバーに見せた。

オリバーはローレルに攻撃されるフェリシティをかばうが絶体絶命のピンチに陥る。

ここでやられていたカーティスが目を覚まし能力抑制装置を使ってローレルを捕らえることに成功したがプロメテウスにはまたしても逃げられてしまう。

オリバーはローレルがかつての自分を取り戻すことを信じセントラルシティではなくA.R.G.U.Sのライラの元へ送るのだった。

フェリシティは楽観主義になりつつあるオリバーに今のあなたもいいと笑顔で話すのだった。

オリバーは遺言で言われていた通りローレルの意志を継ぐ女性を見つける必要があると口にする。

そのころ、ハブ・シティである女性がチンピラの二人の男を何かの能力を使ってぼこぼこにするのだった。

ここから随所に出てくるオリバーの過去の回想
—————————————————————————————————–
コバールと手を組んだグレゴールに捕らえられたオリバーはいくらで寝返えったのかと聞きぼこぼこにされる。

するとここでローレルの写真が落ちてしまい、グレゴールはこの女との約束のためにコバールを殺そうとしているのかと尋ねる。

オリバーはその女性は何の関係もないといい、グレゴールはアメリカに戻らなかったのは心の中に闇があるからだと指摘される。

グレゴールは自分に忠誠を誓うかここで死ぬか選べとオリバーに選択を迫るが、ここで銃声のようなものが聞こえてくる。

グレゴールは部下を向かわせて自分もオリバーを盾にしながら様子を探るとそこに弓矢が飛んでくる。

フードをかぶったその人物はローレルによく似た美しい女性だった。

彼女はタリアと名乗りオリバーを探していたと口にする。


—————————————————————————————————–

ローレルやっぱり偽物って言うかアース2のドッペルゲンガーでしたね。

確かズームがフラッシュを倒すためにアース2から連れてきたんでしたっけね?

詳しいことはフラッシュシーズン2エピソード22に記載しているのでそちらを見てください。

まあこれ以上オリバーの関係がこじれずによかったですね。

ブラックキャナリーを受け継いでもらうという話もようやく現実味を帯びてきましたね。

ハブ・シティの彼女も高周波みたいなのだしていたっぽいですけどメタ・ヒューマンなんですかね?

っていうかハブ・シティってどこ?w

フラッシュバックでは新キャラのタリアが登場しました。

別にローレルと似ているとは思いませんでしたが、オリバーが戦い方を習ったといっていたのは彼女のことなんでしょうね。

またしてもオリバーに波乱の予感ですね。

そういえばディグルは普通につかまってしまいましたけど、ライラからの電話ってウォーカー中将の罠だったってことでいいんですかね?

以上がSeason5の第十話『Who Are You?/ブラックサイレン』のあらすじと感想のレビューでした。